MENU

BCAAはサプリメントで効率よく摂取しよう!

BCAA,サプリメント,摂取

BCAAは筋トレでは効果がないのでしょうか?筋トレと言うとプロテインを飲むというイメージが強く、たんぱく質を思い浮かべると思います。

 

たんぱく質はアミノ酸の集合体です。約20種類の成分でまとまったものがたんぱく質となります。

 

そのアミノ酸の中で体内で特に必要で、消費されやすい3つのアミノ酸、「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」を組合わせたものをBCAAと呼びます。

 

筋トレをしていると、大量のBCAAが消費されます。体内でBCAAが不足すると筋肉の分解が始まります。また、筋肉を強くしたり筋肥大させるには、筋トレで筋肉を壊してその後栄養を摂取することで回復に努めます。

 

この時にBCAAを別に摂取しておくことで、筋肉にたんぱく質が届きやすくなります。

 

BCAAはどのタイミングで摂取すると効果的?

BCAAはどのタイミングで摂取すると効果があるのでしょうか?

 

それは、トレーニング前や途中、最後に摂取しておくことで、トレーニング間に失われるBCAAを補うことができるので筋肉の分解が進みにくく、筋トレ後にプロテインを摂取することで適切なタイミングで栄養を身体に送り込むことができます。なるべく筋肉が分解しないようにBCAAを摂取するように心がけます。

 

BCAAを体内に摂取すると人によりますが、30分~60分の間で血中のアミノ酸濃度が最大になります。そうなると筋肉は分解しにくくなります。

 

日常生活においてもBCAAを摂取しておくと効果的です。起床直後や仕事中にもBCAAの摂取はお勧めです。朝はどうしても血中のアミノ酸濃度は低くなり、筋肉が分解しやすい時です。朝は起床後すぐに摂取するのがお勧めです。

 

また、BCAAには集中力を上げる効果も期待されており、仕事中や勉強中に摂取することで頭が冴え効率がよくなります。

 

BCAAとプロテインは別物?

ではなぜ、たんぱく質の集合体であるプロテインとBCAAは分けているのでしょうか。

 

それは、BCAAはプロテインに比べて体内での吸収速度が早いからです。失われがちなアミノ酸をBCAAを使って体内に補給してあげることで筋肉の分解を防ぎ、プロテインによってBCAA以外の必要なアミノ酸を体内にゆっくりと吸収させてあげるとより効果が期待されます。

 

BCAAは摂取されてから吸収速度は速いですが、その分、体内からなくなるのも早くなります。

 

吸収速度の違うサプリメントを交互に使い分けることができれば常に十分なエネルギーを体内におくりこむことが可能になり、筋トレをした効果がより一層期待されます。

 

HMBとクレアチンで効果を確かめる!

 

このページの先頭へ